スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
鴨川ホルモー
評価:
万城目 学
産業編集センター
¥ 1,260
(2006-04)
JUGEMテーマ:読書


『夜は短し歩けよ乙女』の次のタイミングで読んでしまったのが『鴨川ホルモー』。「モルホー」なのか「ホルモー」なのか、未だに間違えそうになる。きっと自信がないままずっと「鴨川ホルモンみたいな名前だった本」と人に説明しそうだ…。
『夜は〜』も『鴨川ホルモー』も、舞台は同じ京都(さらに狭く言うと京都大学に絡んでいる)。どちらも気に入っている。それが困りどころで、どっちが好きなのか、面白い作品なのかを人に説明するのに悩んでいる。

もう一度読み直すなら、まずは『夜は〜』を読みたい。京都に行く際に1冊持って行くなら、『鴨川〜』のほうかな…(今のところ)。

似ているようでまったく違う2作品。まだ自分の書庫での置き場所が決まっていない。
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆☆ | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:16 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。