スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
使える読書
評価:
斎藤 孝
朝日新聞社
¥ 756
(2006-10)
『声に出して読みたい日本語』の著者が雑誌『AERA』に連載していた書評をまとめたもの。大半を占める書評部分はそれなりに面白く読めるが、もっとも役になったのは序章。

ー使える読書とは何か?(中略)本をひとつ読んで、考えをひとつ得る、アイデアをひとつ得る、それを何かに応用できる形で自分に刻んでおく、こういうことを目論むわけです。


これまでまったく「刻む」ことをしてこなかったけど、この読書日記で刻んでいこう。
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆ | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:20 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。