スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
うそうそ〜しゃばけ
JUGEMテーマ:読書


2009年はしゃばけシリーズで幕を開けた。
続きを読む >>
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆ | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
2度買いしてしまった…
JUGEMテーマ:読書


しばらく更新するのを忘れていたためか、2度買いしてしまいました。
『レバレッジ時間術』
強烈に概視感があったのですが、ほかの人のブログなどでかいつまんで読んでいたからかと思って記事をアップ。そのあと過去記事を見たら…ありました。
続きを読む >>
| hisamitsua | - | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
地球の内部で何が起こっているのか?
評価:
平 朝彦,徐 垣,末廣 潔,木下 肇
光文社
¥ 893
(2005-07-15)
JUGEMテーマ:読書


数年前、遺跡発掘担当者による捏造がバレて大騒ぎ…ということがあった。その時、「教科書も変更されるのかな〜」とぼんやり思っていた。こうした理由からに限らず、教科書の内容は結構あっさり変わっていく。
続きを読む >>
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆☆ | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホルモー六景
評価:
万城目 学
角川書店
¥ 1,365
(2007-11)
JUGEMテーマ:読書


『鹿男〜』に行くと見せかけて、『鴨川ホルモー』の続編に進んでみた。こっちのほうが面白いけれど、『鴨川ホルモー』あっての『ホルモー六景』なので、合わせ技1本。

『鴨川〜』を読んですぐ買わなかったのは、表紙のイラストがなんだかな〜という感じだったから。表紙で損している気がする。
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆ | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウェブ国産力―日の丸ITが世界を制す
JUGEMテーマ:読書


楽観的になるどころか凹む

まずは帯のテキストから。
「技術大国ニッポンの反撃が今、始まる!」
「世界に飛び立つニッポンのITが創造される現場を追った著者渾身のレポート!」
「ニッポンのITが目指す肥沃な大地への航海図はこの本にある」
ですと…。
続きを読む >>
| hisamitsua | 読書日記☆☆ | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京奇譚集
評価:
村上 春樹
新潮社
¥ 420
(2007-11)
JUGEMテーマ:読書


『鴨川ホルモー』『夜は短し〜』『阪急電車』のほんの少し前に読んでいたのが本作。短編集ですぐに読み終えてしまったのと、後味を味わう時間を空けずに良く言えば個性的な、悪く言えば少々うるさめの本を読んでしまったので、実はすっかり内容を忘れてしまっていた。
続きを読む >>
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆ | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
まひるの月を追いかけて
JUGEMテーマ:読書


恩田作品は結構読んでいるが、その中でいうと中の少し上あたりの位置。小説の読書メモでいちいちあらすじを書いていたら追いつかないので省略(Amazon見ればわかるし…)。
続きを読む >>
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆ | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
阪急電車
評価:
有川 浩
幻冬舎
¥ 1,470
(2008-01)
JUGEMテーマ:読書


書名に負けて購入。関西圏に住んでいる人なら「阪急電車」のファンは多いと思う。自分も以前阪急沿線に住んでいたことがあり、車体の色のカッコ良さにやられていた。
続きを読む >>
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆☆ | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
鴨川ホルモー
評価:
万城目 学
産業編集センター
¥ 1,260
(2006-04)
JUGEMテーマ:読書


『夜は短し歩けよ乙女』の次のタイミングで読んでしまったのが『鴨川ホルモー』。「モルホー」なのか「ホルモー」なのか、未だに間違えそうになる。きっと自信がないままずっと「鴨川ホルモンみたいな名前だった本」と人に説明しそうだ…。
続きを読む >>
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆☆ | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
夜は短し歩けよ乙女
評価:
森見 登美彦
角川書店
¥ 1,575
(2006-11-29)
JUGEMテーマ:読書


「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2007」堂々の1位という帯に負けて購入。好き、嫌いの分かれる作品のような気もするが、自分には無問題。大きな期待を裏切られることなく楽しめた。

残り仕事をしなくていい休日の昼間にリラックスして読める。もしくは京都方面へ向かう新幹線車内で読むのもいいかと。
| hisamitsua | 読書日記☆☆☆☆ | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |